WEB開発者なら誰でもできる!ニュースアプリ「Automa News」作ってみました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Androidアプリ「Automa News」をリリースしましたので開発手法をメモしておきます。

この方法であれば

WEB開発者であれば誰でもスマホアプリが開発できます!

以下の記事でアプリ開発の方法を紹介しましたが、HTML5とCSSとjavascriptで作る方法、いわゆるハイブリッドアプリという作り方です。

手軽になった!?スマホアプリの開発手法いろいろ

誰でも開発

WEB開発者であれば誰でも、といいましたが、正直WEB開発者でなくても、誰でも開発できると思います。それくらい敷居は低いです。当然何をするかで難易度は変わってきますが、WEBサイトを制作するクライアントサイドの知識(HTML、CSS、javascript)があれば作れてしまうからです。

この方法で開発する場合、サーバーサイドのプログラミング知識は必要ありません。サーバーサイドというのは、phpやruby、pythonといった言語を使ってサーバー上で動くという意味で、HTMLやjavascriptのようにブラウザで処理されるものではありません。

そして、AndroidやiOSのネイティブアプリを開発する際に必要な言語の習得も必要ないのが大きいです。AndroidならJavaやKotlin、iOSならSwiftやObjective-Cのいずれも必要ないのです。

どこでも開発

このハイブリッドアプリ開発ですが、ネイティブアプリのWebViewという機能を使い、アプリの操作感をHTML5で再現して表示するという仕組みになります。この技術はCordovaというモバイル開発プラットフォームを使うことになります。CordovaはWEBサーバーで有名なApacheライセンスのオープンソースソフトウェアです。

そしてなんと、この開発はクラウドIDEで行うことができます。つまりブラウザさえあれば、クラウド上に開発資産を保存しつつ、コーディングもデバッグもビルドも一気通貫で行うことができるのです。これを実現しているクラウドIDEがMonacaです。

短期間で開発

Monacaは、会員登録さえすれば、PCブラウザ(Google Chrome)を使ってどこでも開発ができます。裏側ではCordovaが動いていますが、それすら意識する必要がありません。またスマホアプリに欠かせない部品も、Onsen-UIというライブラリが実装されており、いちいち部品のデザインをする必要もありません。当然、CSSでデザインのカスタマイズも可能です。

デザインはCSS、処理はjavascriptで行いますので、WEB開発経験者ならたちまちスマホアプリの開発に着手できます。簡単なアプリなら数日で完成させることも可能です。私が今回作った「Automa News」というアプリも数日でほぼ形になっています。

クロスプラットフォーム

この手法で開発するメリットがもう一つあります。というかこれが最大のメリットだったりするのですが、それはクロスプラットフォームに対応しているということです。javascriptで書くことができ、一度開発したらAndroidでもiOSでもビルドできてしまうということです。

ご紹介したハイブリッドアプリですが、「ネイティブ」と「WEB」の両面を持つという意味でのハイブリッドです。WEB開発の技術でネイティブアプリを作るという素敵な仕組みですが、「完全にはネイティブの機能を使えない」「パフォーマンスが悪い」というデメリットもあります。ただそのデメリットも私程度の人間には違いが分かりません。

バリバリの開発者にしてみたら邪道かも知れませんし不満もたくさんあるでしょうが、WEB開発の知識がある人が「とりあえずスマホアプリを作りたい」場合には是非挑戦していただければと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*