【単独インタビュー】小学5年生のゲーム・クリエイターが考えていること「誰もが幸せに遊んでくれるゲームをつくりたい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「オシマル」というゲームをつくったのは小学5年生の宮城采生さん。彼にはじめてあったのは、2018年の…

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*